淡青祭とは?

淡青祭は三パート揃って行う最大にして最後のステージです。
吹奏楽団やチアリーダーズは夏から練習を開始し、そしてリーダー幹部は実質この淡青祭で引退となります。
部員全員が一年間の全てを出し尽くし、応援してきて下さった皆様に感謝の気持ちを届けます。

淡青祭の歴史

1976
(S51)
第1回 独自の応援部祭を開きたいとの希望が高まり、駒場祭期間中に駒場900番教室にて開催。
アイドル太田裕美をゲストに招き、満員の大盛況。
1981
(S56)
第6回 応援歌・拍手紹介ステージを「法政戦」という設定で試合実況方式にして企画・構成。
セミドキュメント「神宮制覇の日」と題した。
1984
(S59)
第9回 第一高等学校寮歌『嗚呼玉杯に花うけて』、応援曲『不死鳥の如く』デビュー。
1985
(S60)
第10回 淡青祭が行事として定着したこともあり、この年からアイドルをゲストに招くことをやめる。
代わりに運動部を交えての企画が設けられた。(死闘腕相撲「目指せ! キン肉マン大会」)
1986
(S61)
第11回 初めてキャンパスを離れ、こまばエミナースを使用する。
当時の下級生が作成した『応援部小唄』デビュー。
1987
(S62)
第12回 第一高等学校寮歌『新墾の此の丘の上』デビュー。
1993
(H5)
第18回 この年からバトン(チア)ステージが独立する。
1994
(H6)
第19回 第一高等学校寮歌『新墾の此の丘の上』にバンド演奏を加え、感動を誘う。
2003
(H15)
第28回 初めて文京シビックセンターにて開催。
2007
(H19)
第32回 初めて浅草公会堂にて開催。
2009
(H21)
第34回 初めて日比谷公会堂にて開催。

(『東京大学應援部五十年史』『応援部六十年史』より)

主催 東京大学運動会応援部